事業所案内

特定非営利活動法人 スリーピース

0297-77-5070

〒302-0024 茨城県取手市新町1-4-5

受付時間 / 8:30~17:15 定休日 / 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

lv

事業所案内

事業所案内

就労移行支援事業所とは

事務所で働くスーツを着た社会人

就労移行支援事業所とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの中の「就労移行支援」をご提供する事業所のことを指します。
障害のある方が社会で働こうとするときに、仕事をしていく上で必要な知識や能力を身につけるための職業訓練や実習、面接対策などを通して、就労に向けてのサポートをいたします。
職業訓練や実習の内容は事業所によって多少差がありますが、作業訓練を通しての基礎体力・集中力・持続力の向上、職業習慣の確立、挨拶や身なりなどのビジネスマナーが習得できます。
また事業所によっては、パソコンの操作方法のトレーニングや、履歴書・職務経歴書の書き方なども丁寧にお教えする施設もあります。

就労に向けての技能面のスキルアップを図るだけでなく、役所やハローワーク、病院など関係機関とも連携しながら、障害者の方それぞれの適性に合った就職が果たせるようアドバイスもいたします。
また就労移行支援事業所では、障害を持った方々がお仕事に就かれたあとにも、職場への定着支援として引き続きサポートをさせていただきますので、これまで仕事があまり長続きしなかったという方も安心してご利用いただくことができます。

利用できる方

スーツを着た笑顔の女性

就労移行支援事業所をご利用いただけるのは、一般就労等を希望される原則18歳以上65歳未満の障害もしくは難病をお持ちの方になります。
どのような障害がこちらにあてはまるか、いくつか具体的な病名を挙げますと、精神障害、統合失調症、うつ病、躁鬱病(双極性障害)、気分障害、不安障害、適応障害、強迫性障害、てんかん、発達障害、アスペルガー症候群、自閉症、ADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害、身体障害(難聴・盲・マヒ等による肢体不自由・内部障害など)、知的障害などがあります。
またこれに限らず、さまざまな障害をお持ちの方にご利用いただけますし、障害者総合支援法の対象疾病となっている難病のある方もご利用になれます。

障害者手帳をお持ちでない方でも自治体によってはご利用いただけますので、まずは一度ご相談ください。

利用期間と料金

パソコンを触っているスーツを着た女性

就労移行支援事業所は原則として24ヶ月(2年)の間でご利用いただくことが可能です。
ご利用料金につきましては、サービス提供費用の1割を上限として、ご利用者の所得に応じて負担上限額が定められています。
また、ご利用になられる方本人の収入状況などによって負担額の軽減措置がなされます。
月額の負担上限額は以下のとおりです。
生活保護受給世帯は0円。
市町村民税非課税世帯は0円。
市町村民税課税世帯(所得割16万円未満)(収入が概ね600万円以下の世帯)は9,300円となりますが、入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム・ケアホーム利用者を除きます。

上記3つに当てはまらない場合の負担上限額は37,200円となります。

プログラムについて

%e8%96%84%e6%b0%b4%e8%89%b2

グループワークとは・・・

脳トレ、ビジネスマナー、自己分析、生活、運動、SST(社会生活技能訓練)、ストレス対処、フリーディスカッション、面接練習、美文字 の内容となります。

「作業」プログラムは3つのコース

プログラムは3つに分かれております。
あくまでこちらは障害のある方それぞれの“向き・不向き”“得意・不得意”を見極めるために取り組んでいただくものですので、うまくこなさなければならないなんてお考えになる必要はありません。
職業訓練というよりは適性の見極めが目的となっておりますので、リラックスして取り組んでいただければ結構です。

ガテンコース

握手を交わすサラリーマン

清掃(内外)や草刈り・畑仕事などの農作業をしていただきます。
主に体を動かす作業が中心ですので、体力をつけたい方や、体を動かすことが好きな方に向いているかもしれません。

工芸コース

黒い鞄を持ったサラリーマン

体力はないけど手先を使った作業なら得意という方におすすめです。
細かな部品の組み立て・分解、裁縫、工作などのメニューです。

デスクコース

サポートセンターの女性スタッフ

事務作業・紙ベースのデータ化・郵送物の仕分け・資料のホチキス止めなど、事務作業の基礎を身につけたい方、黙々と取り組む作業が好きな方に向いています。

就職後もしっかりサポートします

このように障害をお持ちの方が就職できるまでしっかりサポートさせていただきますが、就職できたらそれでゴール、とは考えていません。
その場所で安定して働き続けることが大切なのです。
そのため、スリーピースでは就職後も安心してお仕事を続けていけるよう、定着支援を行っています。
例えば、定期的に就労先へ訪問し、働いている障害者側、雇っている雇用主側の双方から意見をお聞きし、要望などにズレがないかを確認、調整を行っています。
また、働く上で就労先には言いづらいことを、通い慣れたスリーピースの事務所でお話を伺うこともできます。
もちろんお電話やメールでのご相談も受け付けております。
これらの定着支援は一般的に6ヶ月間のみと定めているところが多いようですが、スリーピースでは期間を設けず、必要に応じて半永久的に支援いたします。

スーツを着てる新社会人

こちらの「私達の想い」のページでは、障害者雇用の現状をめぐるさまざまな問題点や、この特定非営利活動法人スリーピースがどのようにして立ち上げられたか、スリーピースが具体的にどのような活動をしているか、そしてその活動を通して叶えたいと願っていることなどをご紹介しております。

実際にスリーピースをご利用いただくことになった際には、こちらの「ご利用の流れ」のページをご覧いただき、どのような流れになっていくかを知っておいてください。
「何から始めればいいのかわからない」「新しいことを始めるのは不安」と戸惑っていらっしゃるなら、ぜひこちらをご覧いただければイメージしやすくなると思います。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

〒302-0024 茨城県取手市新町1-4-5
受付時間 / 8:30~17:15 定休日 / 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

0297-77-5070

img_cb

TOP